フェイシャルエステのお得な体験キャンペーン

フェイシャルエステに通うペース・頻度はどのくらいがベスト?

初めてフェイシャルエステを受ける時には、いろんな疑問が起きるものです。「フェイシャルエステにはどれくらいの頻度で通うのがいいの?」というのもその疑問の1つでしょう。

ここでは、フェイシャルエステに通う頻度についてお話したいと思います。


お肌のターンオーバーとお手入れの頻度の関係

お肌の細胞には生まれ変わりの周期があるということは知っていますか?

お肌にはターンオーバー(新陳代謝)という細胞の生まれ変わりの周期があるんです。この周期は、個人差があるものの28日で1周期といわれています。

つまり、わたし達のお肌は28日おきに新しく生まれ変わっているということです。ですから、お肌のお手入れもこの周期に合わせて行なっていくことが理想とされています。

もし、お肌にとりわけ目立ったトラブルがなく、でも、お肌のメンテナンス目的で定期的にフェイシャルエステに通いたいという人の場合は、この周期に合わせて28日おき(4週間おき)にお手入れを受けるようにするといいでしょう。

ただし、注意点としては、お肌のターンオーバーの周期は人によってそれぞれ違うということです。

特に、年齢を重ねるごとにターンオーバーの速度はゆるやかになってくるので、人によっては30日以上、もしくは40日以上で1周期ということもあります。

この場合は、30日おき、もしくは40日おきにお手入れするということではなく、お肌のターンオーバーを高めるためのお手入れを定期的に行なっていく必要があります。

ですから、人によっては2週間おき、もしくは3週間おきに通う方がいいということもあるわけです。

ですから、28日おきにお手入れに通うという人は、実際のところあまり多くはありません。フェイシャルエステに通っている人は、だいたい2週間~3週間にお手入れを受けるという人がほとんどです。

★肌にトラブルはなくメンテナンス目的なら

・ターンオーバーの観点から言うと28日おきでも問題ない

・実際に通っている人は2週間~3週間に1回のペースの人が一番多い

お肌のトラブルとお手入れの頻度の関係

フェイシャルエステに通う頻度は、お肌のターンオーバーに加えて、肌トラブルがあるかないかでも変わってきます。

もし、ニキビやシミ、毛穴などの肌トラブルがある場合は、症状が改善されるまでに2週間に1度くらいの割合で通う方が早く効果を実感しやすいのでオススメです。

中には、もっと早く効果を実感するために毎週通いたいという人もいるようですが、施術内容にはよるものの、毎週通うのはあまりお勧めできません。なぜなら、毎週のお手入れはお肌に逆に負担となることもありますし、2週間に1度の頻度の方が効果が最大限に表われやすいからです。

もちろん、施術内容によっては毎週通う方が効果的とエステティシャンが勧める場合もあります。そのような場合は、エステティシャンと相談して自分の肌に合わせたお手入れをしていくといいでしょう。

★肌のトラブルを解消するのが目的なら

・ニキビやシミなど肌トラブル解消が目的なら2週間に1回のペースが良い

施術内容によっても通うペースは変わってくる

たるんでダブついてしまった顔を小顔に戻すためとか、肌の奥底からアンチエイジング効果を狙う施術の場合も、少なくとも2週間に1回くらいの頻度で通う必要があります。

例えば半年間くらいの期間をかけてコラーゲンを修復するというシーズラボプロリフトRFコースなどでは効果が現れ始めるのは約2ヶ月後です。

それまではコツコツエステサロンに通って、最低でも月2回はコラーゲンの修復をする必要があります。半年間、月2回というと、12回でだいたい20万円くらいの予算ということになるでしょう。

頻度とコストは比例しますので自分の予算との兼ね合いになりますが、やるなら徹底的にやらないともったいないことになります。

小顔エステですぐ戻ってしまうのはNG?

小顔エステを受けると、その場で顔がスッキリして確かな効果を感じられる人もたくさんいます。

これはたった1回の施術でもちゃんと得られる場合が多く、口角が上がって明るい表情になったり、頬からアゴにかけてのラインがキレイな角度になったり、眠そうに下がったまぶたがパッチリ開いて目が大きく見えるようになったりするので、かなり感動する場合も多いですね。

ただ、これらの即効性のある効果の多くはむくみが取れて血行が良くなったことが要因。

だからその日のうちに暴飲暴食したり、アルコールをたっぷり飲んでそのまま寝たりした場合には、翌朝嬉しいことは何事もなかったかのように元の顔に戻ってしまう場合も多いものです。

自分でも気を付けて生活した時にどれくらい持続するものか、一度ちゃんと観察してみると良いですね。継続期間が長くなればなるほど、通わなくてはいけない回数も減って行きます。

必要な時にスポットという方法も

フェイシャルエステにもいろいろあり、キャビテーションなどで脂肪をすっかり取ってしまう方法でなければ、同じ生活を続けるうちにいつかまた同じようなたるみやむくみが出て来る可能性が高いです。

フェイシャルエステの効果を持続するには生活や体質の改善も必要です。

気になって来た時や、パーティーや面接の前など、スポットで体験キャンペーンを使って施術をうけるという方も多いです。特に通うエステサロンとかは決めないで必要な時にだけ都度払いで使うというのもひとつの選択肢です。